ある女の子のピアノ物語

/ カテゴリー: ピアノの楽しみ方

神戸大人のピアノレッスン:高澤日出子です。

1-Scan
~ある女の子のお話し~

1-香澄ちゃん
女の子の首にはいつも、ピアノのカギがぶら下がってました。



**********************************************************

この女の子の母は、ピアノが習いたくても、習えず、お友達のレッスンをみせてもらって楽しんでいました。

母は自分のかなわなかったピアノの夢を女の子におしつけた事は一度もありませんでした。

ある日、幼稚園できいたピアノの音が女の子の心をとらえました。

ほどなく母の手にひかれたその女の子は、ピアノのドアをノックしました。

その日から、女の子の首には、ピアノのカギがペンダントのように、首から下がるようになりました。



いつしか時がながれ、音大のピアノ科の夢を女の子はこの春かなえました。

その女の子はわたしにこの絵を置いて、巣立って行きました。。


その女の子がかいてくれたこの絵なです。

今、無料イベントをやっています。

7月2日までの限定イベントは
こちらです。

関連する記事