「美術館のピアノ」は語る・ある二人のピアノラブストーリー

/ カテゴリー: お客様の声

「ママ3ヶ月ぶりにピアノの元へおかえりなさい。」

神戸大人のピアノレッスン:高澤日出子です。

愛おしい天使:わが子のためにと、産休していたピアノレッスンを始められます。

この方です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
美術館ピアノプライベートレッスンで、3ヶ月ぶりに復活されます。

今年の3月末から毎日24時間、ずっと天使の赤ちゃんとご一緒でした

かのんちゃん photo
 

「ママの私のピアノを○ちゃんに聴かせてあげたい。」

○ちゃんは、お腹の中にいるときから、ママのピアノを、聴いてこられました。

■実はこのお家には『あるピアノストーリー』が あるのです。

7月7日 神戸で七夕に結婚式に奥さまは、お客さまと彼のために、感謝をこめて、ピアノ演奏ギフトされました。


IMG_0055
●パパもお腹の○ちゃんのために、生まれて初めてピアノレッスンチャレンジ!!

グリッサンド
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1-1-00002-002
1-00001-006
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Aさんは、少しお悩み。。でした。

ピアノソロ(一人で演奏すること)でも弾きたい。

赤ちゃんがいて、練習がなかなかできない不安を、かかえておられました。

ピアノのもとに「ただいま」そんなお氣持ちでね。そうお伝えしました。


「ピアノの元にただいま」


ピアノの詩人・ショパンの

「子守唄ベルシューズ」の曲を

お二人の宝・天使のこころ・魂に届ける旅。

美術館ピアノプライベートレッスンはじまります。






1-Scan
大人になってからピアノを弾いてみたい方のピアノレッスンはこちら

関連する記事